葬儀費用 内容

あらかじめ葬儀の内容を考えておく

8.予め葬儀の内容を考えておく

 

葬儀の内容

 

葬儀社に依頼をする前に、あらかじめ葬儀の内容を考えておくことが大切です。亡くなった故人が「このような形式の葬儀にしてほしい」と遺言を遺していたら問題ありませんが、そのような方ばかりではありません。

 

あらかじめ葬儀の内容を考えておく

 

残された遺族が、どのような葬儀を行うのか考えなければならないのです。葬儀の形式だけで家族葬、一般葬、直葬など様々な形式があります。

 

 

 

参列者もどのくらいの人数を呼ぶのかによって精進落としなどにかかる費用も変わってきますよね。実は、約80%の人が葬儀を行って後悔している、というデータがあります。

 

 

 

できるだけ後悔をしないためにも、葬儀社に依頼する前にあらかじめ葬儀の内容を考えておくことが大切です。できれば、どのような葬儀にしたいかを文章に書いておくと良いでしょう。

 

 

 

それを葬儀社の人に見せるだけで、話がスムーズに進みます。葬儀の内容は次のようなことに気を付けて、あらかじめ考えておくと良いです。

 

葬儀の内容ポイント

 

・どのような形式で行うのか(家族葬、一般葬、直葬など)

 

・葬儀はどの宗教・宗派で行うのか(特にお墓を持っている人は確認が必要です)

 

・参列者は何人くらい呼ぶのか(連絡先も確認)

 

・葬儀の予算はいくら位にするのか

 

・遺影用の写真はどれを使うのか

 

もし、分からないことがあったら葬儀社の人にどんどん聞きましょう。向こうは葬儀のプロですから、聞けばいろいろ教えてくれます。

 

 

 

その時に「○○と△△で迷っているのですが…」といったように具体的に聞くことができるとスムーズに葬儀の内容を決めることができます。

 

 


その他の葬儀費用を安くするポイント一覧はこちら