葬儀費用 香典

葬儀費用は香典だけで足りる?

葬儀費用は香典だけで足りる?

 

香典だけで葬儀費用は足りるのか

 

葬儀費用はもらえる香典だけで足りるの?
これは葬儀の規模によって違ってきます。大規模な葬儀を行ったのに参列者が少ない場合などは、もらえる香典だけでは足りません。もらえる香典も考慮した上で葬儀の規模を決めると良いでしょう。

 

葬儀費用は香典だけで足りる?

 

香典には、故人を供養したり、遺族の抱える悲しみをできる限り慰めるという意味があります。しかし最近の葬儀で参列者が香典を渡す大きな理由は、
遺族が払わなければならない葬儀費用などの金銭的な負担を軽くするためです。

 

 

 

この香典の習慣は、日本に古くから根付いている、互いに助け合う仕組みの一つであり生活の知恵でもあるのです。香典がこのような助け合いの仕組みであることから、香典は相続財産には含まれないと考えられています。

 

 

 

ですから、葬儀費用については、通常はもらった香典から支払います。香典で足りない分に関しては、普通は喪主が相続財産の中から支払うことになります。

 

葬儀費用

 

葬儀には様々な費用がかかり、大きな規模の葬儀もあれば小さい規模の葬儀もあります。大きな葬儀を行えば参列者の数も多いでしょうから、もらえる香典の金額も高額になります。

 

 

 

しかし、いくら参列者の数が多くても祭壇をランクの高いものにしたり、料理や返戻品の単価を高くすれば、かかる費用も高額になります。そのような場合にはもらえる香典だけでは足りなくなります。

 

 

 

また家族葬のようにいくら小さい規模でも近親者のみで葬儀を行う場合、集まる香典の額も少なくなるので、香典の額より葬儀費用のほうが高くなることが多いです。

 

 

 

最近では、遺族が葬儀費用で困らないように、生前に葬儀費用分を死亡保険でかけている方も多くいます。このように葬儀費用がもらえる香典だけで足りるかどうかは、葬儀の規模や形式によって違ってきます。

 

 

 

もらえる香典の額も考慮したうえで葬儀の規模や形式などを決めると良いでしょう。