葬儀費用 補助金

葬儀費用の補助金があるって本当?

 

葬儀費用の補助金があるって本当?
本当です。各市区町村から葬祭費や埋葬費が支給されます。これらは申請をしないともらえないので注意が必要です!

 

葬儀費用の補助金があるって本当?
ある程度年齢を重ねてから亡くなるのであれば葬儀費用を準備しておくことができます。

 

しかし、急病や事故などで突然亡くなってしまった場合など、
高額の葬儀費用が用意できないというケースが多々あります。

 

 

ですが、葬儀費用を用意することができないからといって
葬儀自体を行なわないというのでは故人が浮かばれません。

 

 

 

葬儀費用の平均は一般葬で199万円、
簡素化された家族葬や直葬でも数十万円単位でお金がかかります。

 

 

この不景気に、これだけ高額な葬儀費用を負担するのはとても大変なことです。

 

 

 

しかし、各市区町村で申請すれば補助金を受け取ることができます。

 

 

この葬儀費用の補助金制度は、故人が国民健康保険加入者か
社会保険加入者の方を対象に適用されます。

 

 

 

この補助金は亡くなっただけでは受け取ることができず、必ず申請をしなければなりません。
少しでも葬儀費用の足しにするためにも、申請を忘れないようにしましょう。

 

 

 

故人が国民健康保険加入者の方と社会保険加入者の方で、
それぞれこの位の補助金を受け取ることができます。

 

【故人が国民健康保険加入者の場合】

 

葬祭費として3〜5万円程度支給
(自治体によって金額が異なる。東京23区は一律7万円)

 

申請場所…各市区町村役所の国民健康保険課

 

必要な物
@お葬式の領収書
A故人の国民健康保険証
B申請者の印鑑(喪主の場合が多い)
C葬祭費の振込先の口座番号

 

【故人が社会保険加入者の場合】

 

埋葬費として一律5万円支給
*健康保険組合によっては独自の補助金制度があるところも。

 

申請場所…勤務先または所轄の社会保険事務所

 

必要な物
@ 死亡診断書または埋葬許可証
A 故人の健康保険証
B 勤務先事業主による証明書類(申請書類への記入・捺印)
C 申請者の印鑑

 

*社会保険加入者の扶養家族が亡くなった場合、埋葬費として一律10万円が支給されます。

 

 

どちらも申請期間は死亡日から2年間です。

 

この申請を忘れていて損をしてしまっている人が多いので、忘れないようにしましょう!

 

また、よく葬儀にかかった費用の領収書をなくしてしまって受け取れない人がいるので、
領収書も全て取っておくように気を付けてください。