葬儀費用 内訳

葬儀費用の内訳

2.葬儀費用の内訳

 

3つの葬儀費用

 

葬儀費用は大きくこの3つに分けられます。

 

.お葬式本体の費用

 

.飲食接待の費用

 

.お寺関係の費用

 

葬儀費用の内訳
これの他に、火葬をする場合は火葬の費用もかかってきます。この葬儀費用は変動費と固定費とにも分けられます。変動費というのは、お葬式に参列する人の人数によって変わるものです。2番の飲食接待の費用が変動費になります。

 

 

 

固定費とは、葬儀のための基本的な費用になります。霊柩車や祭壇など1番のお葬式本体にかかる費用がこれにあたり、どれも外せないものなので、どんなプランを選んでもかかる費用のことです。

 

1.お葬式本体の費用とは

 

これは、病院などへの遺体のお迎えや搬送から始まり、お葬式の儀式そのものを進めていくために必要な物や人の費用です。

 

お葬式本体の費用とは

 

この費目内容は、葬儀社が直接的に取り扱っていて、提供するものがほとんどです。ですから、この具体的な金額は、葬儀社が予め提示する見積書の金額とほぼ同じになります。

 

 

 

葬儀費用は大きく3つに分けられるとお話ししましたが、このお葬式本体の費用が一番金額的に多くを占めます。

 

 

 

したいと思う葬儀を無理なく行うには、このお葬式本体にかかる費用の内訳をしっかりと把握することが大切です。

 

 

 

何もわからないまま、葬儀社の勧められるままにお葬式を執り行ってしまうと、余計なものが含まれていたりして葬儀にかかる金額が高くなってしまいます。

 

 

 

このお葬式本体にかかる費用は具体的にこのようなものがあります。
寝台車、枕飾り、ドライアイスなどのご遺体保存処置、ご遺体のメイクアップ、お棺、骨壺、供花、式場使用料、位牌、祭壇廻り(御供物・水引幕など)、遺影写真、受付・焼香具、案内看板、霊柩車、バス・ハイヤー、人件費、音響設備、司会・進行、役所手続き代行など

 

 

 

この費用の中でも、お花や祭壇廻り、お棺にはランクがあり、どのランクを選ぶのかによって費用がだいぶ変わってきます。

 

 

 

また、葬儀に参列する人数によって、使用する式場の広さも変わってくるので、式場使用料も変わってきますし、バス・ハイヤーなどの大きさも変わってきます。

 

 

 

葬儀社の方は、あまりランクの低いものは勧めてきません。葬儀社の人に勧められるままに葬儀内容を決めてしまうと、お花や祭壇廻りなどランクが高いものになりがちです。

 

 

 

まず、自分たちでどのくらいのランクの葬儀を行いたいのか決めておくと、スムーズに見積もりを出してもらうことができます。

 

2.飲食接待の費用

 

飲食接待の費用とは、お通夜や告別式に参列してくださった人々に振る舞う料理や飲み物、そしてお礼の品の費用のことです。この費用は、参列する人の人数や料理の内容などで大きく変わってくる変動費になります。

 

 

 

この飲食接待の費用は、具体的にこのようなものがあります。
通夜料理、告別料理、会葬返礼品、会葬礼状

 

飲食接待の費用
通常、親族だけの葬儀であれば、会葬者分の、一般的な葬儀であれば、会葬者の1/2以上の人数分の料理を用意します。

 

 

 

通夜料理も告別料理も、料金は1人5000円くらいからです。また、会葬返礼品は、1000円から3000円程度です。お茶やお菓子、タオルなどを参列してくださった方全てにお渡しします。

 

 

 

この品は、通夜と葬儀の両方に出席してくれた方、どちらかに出席してくれた方、どちらにも出席できなかったが香典を送ってくれた方などによって品物のランクを分けて渡すのが一般的です。

 

3.お寺関係の費用

 

お寺関係の費用とは、宗教者(お坊さん・神父さんなど)へ渡す謝礼のほか、読経料や戒名料などを指します。この費用は宗教によって大きく異なってきます。基本的にこの費用は、宗教者に直接手渡しをします。

 

お寺関係の費用

 

きちんとした金額が決まっていなくて「お気持ちを頂きます」と言われることも多いですが、大体の相場を知っておくと安心でしょう。

 

 

 

このお寺関係の費用は、具体的にこのようなものがあります。
読経料、戒名料(この2つを合わせてお布施とも呼ばれています)
宗教者の葬儀式場までの交通費、御膳料(宗教者が遺族と一緒に食事をとらない場合)

 

 

読経料の相場は、仏式の場合お通夜から初七日までで20万円から25万円くらいです。ただ、これはお寺によってもだいぶ違ってくるので気を付けてください。

 

 

 

戒名料は、信士・信女の場合5〜10万円が相場と言われていますが、これもお寺によってだいぶ違ってきます。

 

 

 

お葬式にかかる費用の内訳は、このようになっています。

 

葬儀社によって1番のお葬式本体の費用に火葬料が含まれている会社と含まれていない会社があります。

 

葬儀の見積もりをとった時に、火葬料が含まれているかも確認しましょう。

 

葬儀を行う前にきちんと見積もりを出してもらい、ここでお話しした1番から3番までの費用がきちんと含まれているか確認することが大事です。

 

また、見積もりをチェックするときには、遺族が行いたい葬儀の内容と合っているか、余計なものや足りないものはないか確認することも必要です。

 


その他の葬儀費用を安くするポイント一覧はこちら