葬儀費用 安く ポイント

葬儀費用を安くする11のポイント一覧

葬儀費用を安くする11のポイント一覧

 

葬儀費用を安くするポイント

 

葬儀費用を安くする11のポイント
葬儀費用は、葬儀会社の人に言われるままに契約してしまうと無駄に高くなってしまいます。このサイトでは、みなさんが納得のいく葬儀をできるだけ安く行えるように、葬儀費用を安くするための11のポイントをまとめました。

 

葬儀費用の基礎知識

 

葬儀費用を安くするためには、まず葬儀費用についての基本的なことを知っておく必要があります。これを知っていると、葬儀社の人に言われるままに高い金額で契約してしまうということがなくなります。

 

平均的な葬儀費用の金額

 

平均的な葬儀費用の金額を知っておくことで、見積もりを提示されたときに、その金額が安いのか高いのかということが分かります。

 

葬儀費用の内訳

 

葬儀費用の内訳は、大きく分けて3つに分けられます。見積もりを出してもらうと、これら3つの費用の中の一部が含まれていないことがあるのできちんと確認することが大切です。

 

お布施の相場

 

お布施には決まった額はありませんが、少なすぎたり高すぎたりしないように相場を知っておくと安心です。

 

香典返しの相場

 

香典返しは半返しが相場となっています。この香典返しを当日返しにすると約7万円も節約できます。

 

葬儀スタイルで違う費用

 

葬儀スタイルによって、かかる費用はだいぶ違ってきます。それぞれの葬儀スタイルのメリット・デメリットも踏まえて葬儀スタイルを選ぶことが大切です。

 

家族葬にかかる費用

 

家族葬は最近人気のある葬儀スタイルです。かかる費用は20万円〜120万円以上と葬儀社によってだいぶ違ってきます。

 

一般葬にかかる費用

 

一般葬にかかる費用は130万円〜180万円ですが参列者の数が多かったり、斎場が大きかったりすると更に金額が高くなります。

 

直葬にかかる費用

 

直葬は通夜・告別式を行わず火葬のみを行う葬儀スタイルです。かかる費用もとても安く、10万円台で行える葬儀社もあります。

 

葬儀費用を安く抑えるために

 

葬儀費用を安く抑えるためには、見積もりを取って比較することが大切です。見積もりを比較することで、最大で90%も葬儀費用を安くすることができます。

 

予め葬儀の内容を考えておく

 

葬儀社に依頼する前に、予め葬儀の内容を考えておくと必要のないオプションなどを付けずに、葬儀費用を安く抑えることができます。

 

葬儀社の見積もりを比較する

 

葬儀費用を安くするためには、複数の葬儀社の見積もりをとって比較することが大切です。全て含めていくらかかるのかということをきちんと提示してくれる葬儀社にお願いするとトラブルもなく葬儀を執り行うことができます。

 

見積もりでチェックすること

 

見積もりでは変動費・総額をチェックし、実費を除いたもので葬儀社を比較すると金額が安くてサービスの良い葬儀社を見つけることができます。

 

良い葬儀会社の見分け方
良い葬儀会社を見分けるためには、実際に担当者の人に会って人柄を見ることが大切です。電話やインターネットだけで担当者に会わずに契約してしまわないようにしましょう。