葬儀費用 お布施 相場

お布施の相場

3.お布施の相場

 

お布施

 

葬儀の時のお寺へ渡すお礼は、読経料や戒名料全てを合わせて、お布施となります。本来お布施とは、何かの行為に対する対価ではなく、取られるものでもなく、喜んで仏様に差し出すものとされています。

 

お布施の相場

 

ですから、実は葬儀の時にお渡しするお布施にも定まった額はないのです。実際にお寺さんに「いくらお包みすれば宜しいですか?」と聞いても「お気持ちで結構です」と言われることが多いです。

 

 

 

しかし、少なすぎるのも問題ですし、いくら包んだら良いか分からなくて戸惑う人が多いです。このお布施はお寺によってだいぶ違ってきますから、お寺に詳しい檀家の人に相談するのが一番確実でしょう。

 

一般的な仏教のお布施の相場

 

ここでは、あくまでも一般的な仏教のお布施の相場をお話ししたいと思います。

 

読経料・・・20万円〜25万円

 

この読経料とは、お経を読んでもらった分の金額です。これはお通夜から初七日までの間に読んでいただいたお経に対する相場になります。ちなみに、49日などの法要の時は、読経料は5万円〜10万円が相場です。

 

戒名料(信士・信女の場合)・・・5〜10万円

 

お布施の金額は、この戒名料によって大きく異なってきます。戒名は、院号や院殿号(3字)、道号(2字)、法号(2字)、位号(2字)で構成されています。

 

ここでは読経料を含む戒名料の例をご紹介します。
例えば真言宗の場合、

 

信士・信女の6字の場合・・・15万円〜20万円
居士・大姉の9字の場合・・・50万円
院居士・院大姉の10字の場合・・・500万円以上

 

となっています。

 

これだけ戒名によって料金が違ってくるのです。基本的に戒名が長くなればなるほど戒名料は高くなります。また他の宗派の場合、院居士・院大姉でも60万円以上というところもあります。

 

 


その他の葬儀費用を安くするポイント一覧はこちら