葬儀費用 失敗談

葬儀費用の失敗談(C子さん・50代)

葬儀費用の失敗談

 

C子さん・50代の葬儀費用失敗談

 

 

私は父の葬儀を一般葬で行いました。母はもう既に他界していたため、私が喪主になり葬儀の準備はすべて私が行いました。

 

葬儀費用,失敗談,見積もり

 

父が亡くなって始めに困ったのは葬儀社です。どの葬儀社にお願いしたら良いのか分からず、病院が紹介してくれた葬儀社にお願いしました。

 

 

 

葬儀社の人には、こちらが葬儀について何も分からないことがバレていたようで、200万円のプランに豪華な生花をつけたものを勧められました。

 

 

 

こちらも父が亡くなってバタバタしていたので、細かい内訳が書いてある見積書などは確認せず、言われるがままに契約してしまいました。

 

 

 

祭壇も立派でかなり豪華な葬儀にはなったのですが、これだけお金をかける必要があったかどうか疑問です。

 

 

 

今から考えると悲しみに伏せている時に、見積もりを検討することは難しかったです。

 

 

 

また、父のことを考えればお金に糸目をつけるようなことすらも考えたくなかったので、このような心理状態を葬儀社も分かっていた上での金額提示だったような気がしています。

 

 

 

後から請求書を確認したら、きちんと明細が書かれていて、その中には事前にその葬儀社の会員になっていると会員割引として20%引きになりますと書いてありました。

 

 

 

そんな、事前に葬儀社の会員になっている人なんているのでしょうか?20%も割引になるということは、かなり利益が上乗せされているということなので愕然としてしまいました。

 

 

 

きちんと父を送ってあげることができたとは思いますが、価格面では最後まですっきりしない葬儀でした。あとから知ったのですが、葬儀社を一括で見積もりできるサイトがあるんですね。

 

 

 

そのようなサイトを使えば、見積もりを比較して葬儀社を選ぶことができたと思います。でも、亡くなってしまうとバタバタしてしまい見積もりのことも考えられないので、一番良いのは生前に葬儀の見積もりを取っておくことだと思います。